カンジタ(男性)の治療

 

男性のカンジタの場合は女性のカンジタ膣炎とは異なり、初期であれば比較的簡単に治す事が可能です。 男性の場合、カンジタといんきんを間違えやすい傾向があります。

 

例え同じ白癬菌であっても治療薬は異なりますので、現在起きている症状がカンジタ菌によるものか水虫菌によるものかは、正しく判断することが大切です。

 

カンジタ菌に有効とされているのは下記のいずれかです。
・真菌全般に効果のある薬
・カンジタ菌専用の薬

 

男性カンジタ専用の治療薬にロテュリミンAFがあります。実際に私も使用したことがあります。 自分の体験としては非常に効果的な治療薬でした。ですから今も常備しています。 いんきんたむしは水虫用の薬で治りますが、カンジタ菌は水虫用では治りませんので注意してください。

 

男性のカンジタの予防については女性同様、基本的に免疫力を向上させることが重要です。 疲れやストレス、風邪に寝不足など、免疫力を低下させる日頃の体調には注意しましょう。

 

また、免疫力の60%は腸内環境に左右される面があると言われる程、腸内環境を整えておくことは身体の免疫にとって非常に大切なことです。

 

便通の調子が悪いなど悪玉菌の多さが疑われる場合は、乳酸菌で腸内環境を整える意識をもつことをお勧めします。 他にも、複数の人との性交渉がある方の場合は、ファンガソープといった薬用石鹸を日常的に使用する事も合わせてお勧めします。

 

ロテュリミンAFの詳細 

    

ファンガソープEXの詳細

 

カンジダ完治

 

男性カンジタの症状

カンジダ完治

 

カンジタは男性にも発症の可能性があり、その症状はカンジタ性亀頭包皮炎と呼ばれています。

 

男性の場合、一般的に発症する可能性は低く、たとえ菌が移っても発症する確率は低いとされています。 男性は女性とは異なり性器が皮膚で覆われていることから、カンジダに感染しても皮膚炎のみの症状です。

 

男性でカンジダの症状が現れる場合は、包茎、糖尿病、ステロイド剤などが要因となると言われています。 主な症状としては、亀頭部分の皮膚が赤くなる、痒みが出るといったものになります。

具体例としては、 「亀頭がかゆくなる、ただれる」 「亀頭が赤くなり、白い粕状のものが出る」 「亀頭に小さな水泡が現れる」 といった症状で、稀に尿道炎を起こすケースもあります。

 

カンジタ性亀頭包皮炎は、その症状によって3つのタイプに分けることができます。

・亀頭の皮膚表面に赤い点々ができるようなタイプ
・亀頭環状溝に白いカスがたまりじめじめするようなタイプ
・亀頭表面が乾燥しパリパリするようなタイプ

 

カンジタと間違えられやすいものに、いんきんがあります。 ですが、カンジタはカンジタ菌による病でいんきんとは異なります。 いんきんたむしは白癬菌(水虫菌)による病です。 ただカンジタとは、真菌が原因となる病としては重なる面があります。 (※カンジダ菌も白癬菌も真菌の一種です。)

 

カンジタは主に亀頭部分が炎症を起こしますが、いんきんたむしは主に股間やお尻の割れ目に炎症を起こします。 このため、治療に用いる薬も全く異なります。

 

いんきんにはロテュリミンウルトラといった白癬菌に特化した薬が効果的ですが、カンジタ菌が原因となるカンジタにはこの薬は効果がありません。 カンジタを治療するためには、カンジタ専用のロテュリミンAFやサプリメントなどを用いる必要があります。

 

カンジダ完治