カンジダ完治


カンジタ菌の感染と環境

カンジダ完治

カンジタ症というのは何度も再発を繰り返すという特徴があります。

 

この再発を繰り返す理由としては、カンジタ症の性質、そして環境が大きく関係しています。

 

カンジタ症を引き起こしている菌というのは、皮膚や腸だけでなく空気中にも非常に多く存在しています。 そのため一度治療をしたとしても感染する可能性は高いのです。

 

また、水虫などと同じようにカビの一種ですので、適切な治療を開始しなければ菌をしっかりと殺菌することはできません。

 

つまり、殺菌したと思っていても、実はその症状自体が一時的に緩和されているだけで、根本的に症状が完治しているわけではありません。

 

カビの一種である真菌というのは湿度の高い環境を好みます。 そのため、カンジタ菌は蒸れやすい環境で繁殖しやすいという特徴があります。

 

男性の性器と、女性の性器とを比較すると男性の性器というのは蒸れにくく、女性の性器は非常に蒸れやすいのです。

 

また、タイトな下着、そしてパンツを履くことが多いので、さらに蒸れやすくなってしまいますよね。

 

これが女性がカンジタ菌によってカンジタ症を発症しやすい理由なんですよ。

 

カンジタ症はいつ発症してもおかしくありませんので、性器に異常がないかを普段からしっかりと確認しておくようにしましょうね。

 

カンジダ完治