カンジダ完治


カンジダ膣炎(膣カンジダ症)の原因は免疫力の低下

カンジダ膣炎は女性に多い病気の一つですが、エイズやクラミジアなどの性感染症とは異なり、性行為を行わなくても発症することが考えられます。

 

カンジダ膣炎の原因菌であるカンジダ菌は、もともと女性の膣内にいる常在菌で、免疫力が低下したり風邪をひいて抗生剤を飲み、膣内環境を良くしてくれる善玉菌が死んでしまいカンジダ菌が優位になることで発症します。

 

症状は人によって様々ですが、外陰部にかゆみが生じたりおりものがヨーグルトやカッテージチーズのような形状になったり、性行為の際に痛みが出ることもあります。

 

また、普段より免疫力が低下している妊娠中にもなりやすい病気の一つであり、妊婦が感染してもすぐにおなかの赤ちゃんには感染しませんが、出産時までには治療しておかないと出産するときに感染する可能性が高いので、発症に気づいたら早めに治療することが望ましいでしょう。

 

それ以外に、きつめの下着をつけていたり、ナプキンやタンポン、おりものシートを常用してこまめに替えなかったりすることでも発症します。

 

カンジダ菌は湿度が高く温かい状態を好むので、繁殖しやすい環境を自ら作ってしまうのであまり良くありません。

 

治療すれば治りますが、治療後も不衛生で湿気が溜まりやすい生活を続けることで再発することもありますので、性器周辺や下着は常に清潔にしておくのが望ましいといえます。