カンジダ完治


カンジタ(男性)の検査

 

カンジタの自覚症状がある場合は、早めに医療機関を受診することが大切です。 男性のカンジタ場合泌尿器科、性病科で行われています。

 

カンジダ膣炎の検査は、主に婦人科・産婦人科・性病科で行われています。 ※カンジタ膣炎の場合はHIVや梅毒・クラミジアとは異なり、保健所で無料・匿名検査は殆どありません。

 

診察・検査・治療にかかる費用は、大凡次の通りです。 ※病院や症状により差が生じますので参考程度としてください。

 

診察料・3000円~5000円
検査代・4000円
薬代・3000円~

 

※健康保険を用いた場合は上記の3割が自己負担となります。 (保険適用については各医療機関により異なるため、事前の問い合わせをお勧めします。)

 

検査ではカンジタに関する問診を受けます。 問診の内容は、体調不良や性行為、抗生物質の使用についてなどです。

 

男性のカンジタの検査は、次のようなパターンで病院ではなく自宅で行うこともできます。

 

パターン1・検査キットでチェック

検査キットをインターネットで購入する→菌を採取した物を返送する→約1週間後インターネットで結果をチェック
(GME性病検査カンジタ検査、性病検査STDチェッカータイプQ、性病検査STD)

 

パターン2・目視でチェック

男性のカンジタの場合、性器の表面に症状が出ていますので目視で症状を確認することができます。 性器が通常と異なる症状にある場合、少なくとも何かに感染していることは確実と言えますので、すぐに市販薬や雑菌対処ができる専用石鹸などを用いることをお勧めします。

 

また個人的な対処だけでなく、上記検査キットを用いたり病院で詳しく検査することも大切です。

 

カンジダ完治